2009年08月08日

できる警備員!

◆みぃーこ先輩の記事をからフレーズを拝借しました◆(感謝)

----------------------------------------------------------------
 記事タイトル→[おーい!向かいの工事現場警備員〜

 先ずは、記事を一読して頂きたい。 ↑ ↑ ↑
----------------------------------------------------------------

■フレーズT

>安心感が生まれるんだね

先輩は交通誘導の警備員さん。
私は施設警備の警備員です。

職種(現場)は違えど、目的は一緒なんよね。
我々夜間の警備を導入される目的は一つ二つ。

従業員さんに、安心して業務をこなして頂く為なんですね。
安心を与える大切な仕事なんですよね。

これがプロの警備員だよね。
 ↓  ↓  ↓
>監督さんはじめ、作業員さんがガードマンを見ない。
>交差点の様子も見ない。
>作業に集中出来てる。

その為にお金出してるんですから。

昔むか〜し、あるお店の社員さんに言われました。

「***(ひろやん)さん、昨日の警備員さん!何とかなんないの」
「あの警備員なら、警備員を警備せなアカンわ」(苦笑)

 ・・・・・っていうダメ出しがありましたね。



■フレーズU

 >出来る隊員は偉そうにしない

ったくその通りだと思うね。
私は「出来る隊員」の域に達していないと思いますよ。
まっ、一歩手前・・・ていうところかな?(笑)

特に最近だけど、私の体験と聞いた話しを総合すると、
巡察などで現場訪問した時に、
やたら、くっちゃべる隊員さんの場合は注意するそうです。
自分の非を隠そうとしていることが多いらしいです。

何人かの「安心できる警備員さん」を知っているけれど、
従業員さんとも、やたらしゃべりませんね。

ど〜んと落ち着いた印象のある皆さんです。
なんででしょうね?



■フレーズV

 >余計な動きをしない。

N師匠の教えに「鳥瞰図のごとく」っていうのがあります。
鳥瞰図とは、一戸建ての住宅の図面に、住宅を真上(上空)から見たものがあります。
これが鳥瞰図ですね。上空を舞う鳥から見た図面・・・なんでしょう。

N師匠曰く、
「***(ひろやん)くん、ええかい」
「今店の前にいるやろ、でもな店の裏側のこと考えるんや」
「警備はな、見える範囲のことだけ考えてたらアカンのや」
「鳥瞰図の如く、警備範囲全体のことを考えるんや」

警備員に成り立てのころは、ついつい歩きっ放し、立ちっ放しになることが多い。
見えない部分のことなんて、考えられる訳がありません。

自分が動いていると、相手がみえません。
ジーッとしていると、相手の挙動がハッキリと見えます。

正直、歩き過ぎると疲れます。
休み休み回ればいいのです。
でもって、店内にいながら、外のことも考える。
店の前にいながら裏のことも考える。
少〜し(休みながら)考える時間を作ってみては如何でしょうか。


(PS)

 お笑いネタ!しばしお待ちくださいませ!
posted by ひろき at 08:32 | Comment(10) | TrackBack(0) | フレーズ拝借 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。