2007年09月02日

暴走族少年のシンナー吸引

防犯警備最前線(ノンフィクション体験集)
-----------------------------------------------

<店舗>
食品スーパー

<対象>
クルマ1台、バイク2台、少年3人、少女1人

<状況>
@バイク2台は駐車場をグルグル回っている。
A当然ブワーンブワーンと爆音をたてて走る。
B当然駐車場利用のお客さんは迷惑千万である。
C障害者駐車場には、もう1台のバイクとクルマ1台が駐車。
Dクルマの中には少年が二人、内1人がビニール袋を口にしてスパースパーしている。
Eいわゆる「らりっている」のが外からよく見える。

<対応>
文句なく即110番です。通報内容は「少年がクルマの中でシンナーやってます」です。

私の後輩(新人警備員)がその店の担当で当日も勤務していました。後輩は、バックルームの点検をして店内に戻っところで、外が煩いことに気付き暴走族の存在が確認できた。それで先輩の私に電話を掛けて次第です。当日は私も勤務で現場を回っており、その店のそばまできたところだったので、「すぐ着くから遠目で見ていろ」と伝え、間もなく現着し前記@〜Eを確認したものです。そして、後輩に110番するよう指示しました。・・・来ました来ました、白黒パト3台、捜査用車1台、赤ランプがピカピカと凄かったねえ。

<説明>
@シンナー事案がなくても110番通報します。
一般市民の平穏な生活(買い物等)を脅かす行為は十分に警察が対応してくれます。スーパーの敷地の中とはいえ、歩行者や他のクルマとの事故も予測されるしね。

A暴走族少年に直接対応すべきでない。
駐車場の隅で数人が座り込んで食い散らかしている程度では警察要請は無理ですが(要領はあるけど)、今回の場合は十分な警察要請事由があり、警備員が出しゃばっていると怪我をしますからね。お巡りさんに全てを任せればよい訳です。

B通報は匿名OKです。
携帯で通報する場合でも頭に184をつければいいよね。それと110番を受けた警察の通信司令室が(通報した)あなたは?と聞きますから「匿名でお願いします」とか「通行人です」とか答えれば問題ないですよ。 

C警備員が行っても焼け石に水。
こんな時、正義感に燃えてはいけません。少年たちは逆にヒートアップしますから、少年達には、通報者が自分(警備員)ではない素振りでいましょう。後々のことがありますからね。

<追記>
警察が到着するまでは、少年達の様子をしっかり見ていましょう。ふざけていてガラス割ったりとか、看板を蹴って損傷させたりとか、お店に被害を与えることもあるので、器物損壊や業務妨害で事件化する場合の証人となる必要が考えられます。



---------------------追 伸--------------------

シンナー少年なんて、シンナーっい!

元気の素:1日1回の応援ポチお願いします!
     ↓     ↓
  人気ブログランキングへ


posted by ひろき at 22:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

万引き少年の行動

防犯警備最前線(ノンフィクション体験集)
-----------------------------------------------

<店舗>
食品スーパー

<対象>
男子中学生

<状況>
@少年1名が買い物カゴを持って店内徘徊している。
Aカゴには、ほぼいっぱいの商品が入っている。
B少年は携帯電話で誰かと話しをしている。
C既に物色は終わり、そのまま店外しようとウロウロしているようだ。
D出入り口に近い商品棚付近にいるが、こちらを(警備を)気にする目線をキャッチした。

<対応>
駐車場の見回りを終えて店内に戻ったところで少年を発見しました。他に客は2人くらいいたかなあ?
経験則からなのでしょうか、少年を見たときアレッと思いガラス越しに外を見たら、店内の少年と同級くらいの少年が、自転車に乗ってあっちへこっちへとウロウロしながら携帯電話を耳にしているではありませんか!それも目線は店内です。

夜間でもあり、出口は1箇所だけでしたから、そこに注意を払いながら外に出て自転車の少年をけん制して店内に戻りました。店内の少年はカゴをどこかに置いたのでしょう。手ぶらでサーッとでて行きました。当然被害はなくカゴも置いたままでした。

<説明>
@今回の場合はカゴごと盗るので「カゴ奪取」とか、走って逃げるので「カゴダッシュ」などと言います。

A店舗の構造を考えましょう。
この店舗は店の幅いっぱいにガラス張りで、外から店内の状況がよく見えます。夜間ですから外は暗く店内は明るい訳ですから、定員や警備員が西に行った東に行ったが手にとるように見えるんですね。

B店外するチャンスをうかがって連絡していた。
よくあるパターンですね。その積もりでチェックしてたらすぐ気付けますよ。

C今回の場合は捕まえるようなことは考えないでよい。
そもそも制服警備員の業務は、万引き被害を防止したことで達成です。万引き犯を捕捉することは、並大抵なことではありません。色々条件があります(割愛します)

D出口が2箇所以上あるときは、店長若しくは社員さんに知らせて出口を押さえないといけないね。

E従業員を上手く使おう。
店長を呼びに行っている間に逃げられたら最悪です。この場合は、レジ打ちや品出し中のアルバイトさんを使えばいいのです。「大至急店長を呼んでくれ」とね。

捕まえて説教しようなんて考えないこと。被害防止が仕事です。


---------------------追 伸--------------------

あっちは2 vs こっちは1=こっちの勝ち!

元気の素:1日1回の応援ポチお願いします!
     ↓     ↓
  人気ブログランキングへ


posted by ひろき at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

お爺ちゃんチョッと待って

<店舗>
食品スーパー

<対象>
80才位のお爺ちゃん

<状況>
店内巡回中対象のお爺ちゃんの姿が目にとまる。
私は隠れてみたのではない。
おじいちゃんの背中方向で立哨している。
小柄で少し背中の曲がったお爺ちゃんです。
右手に2ℓペットボトルを持っている。
左手はズボンのポケットから買い物袋を出した。
出した買い物袋にペットを入れた。
あまり周囲を気にする様子もない。

<対応>
すぐさまお爺ちゃんに声え掛けしました。
「ご主人、お店のカゴを使ってくださいね」
と伝えてカゴを渡した。その後お爺ちゃんが支払いをするところまで見届けた。

<説明>
まず、支払いを済ませる前に、商品を自己のカバンなどに入れる行為は、商品を自分のものにした(占有した=言い換えれば盗んだ)ということになります。

しかし、現実問題として(例外もありますが)カバンに入れた時点で警察に突き出すということはできないと考えてください。あくまでもお店を出た時点で支払う意志がないとみなすべきです。

かと言って、カバン等に入れるのを黙って見ている訳ではありません。制服警備員は犯罪を起こさない、させないように対応することが仕事ですから、「カゴを使ってくださいね」ならば、遠慮なく問題なく当人に声を掛けることができます。

声を掛けられたことにより、商品を買わずに戻して帰るかもしれないし、仕方なく支払うかもしれません。いづれにせよお店に被害はなかった訳です。
今回のお爺ちゃんの場合、買い物袋に入れたけれど支払う意志があった(盗る意志はなかった)かもしれませんね。

<補足>
Q:他のお客さんが「あのお爺さんは持ってきた袋に商品を入れてるよ」と教えてくれた場合はどうするか?
A:声え掛けしてはならない。

あなた自身が実際に見て(現認して)いないから声なんて掛けてはいけません。教えてくれたお客さんには「そうですか、(教えてくれて)ありがとうございます。注意して見てみます」と礼を言い、それからのお爺ちゃんの行動を観察した上での対応となります。

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*

健闘を祈る!
posted by ひろき at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

お客様の声カード

ある日店長さんから相談がありました。
内容は「警備員がジロジロみてゆっくり買い物ができなかった」と言うものです。その警備員とは私のことではなく後輩警備員のことです。古参警備員の私に敬意をもっての相談だったと感じています。

<対象>深夜営業の食品スーパー
<警備員>後輩で私と同世代

店長から相談を受けた私は、即刻師匠のT氏に内容を報告してアドバイスを頂きました。それをソックリ店長さんへ助言した次第です。

「お客様に安心してお買い物をして頂く為に警備員を配置しております。どうかお気になさいませぬよう、ご理解とご協力をお願いします」これがアドバイスです。何せ深夜営業ですからね。

ところで、事実を確認しないといけません。それで後輩警備員を尋ねました。結果は、

お客さんがクレームを出すのも仕方ないかなとことです。と言うのも本人は視力が悪く、目を細めて見てしまうんですね。細目だと凝視が一段と強調されますもんね。その辺を本人に理解して貰いました。

ということで、お客さんとは基本的に、目を合わさないようにすべきですが、目が合わなくても今回のようなクレームが発生することを勉強させられました。

コイツは注意だなと思える対象であっても、(警備員は)身体を対象に向けない、目を合わさない、でもこちらの姿はハッキリ見える位置に立つことが大切ですね。

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

それは言えません

<店舗>
量販店

<状況>
40代半ばの女性が、制服勤務中で店内巡回中の私に声を掛けてきましたが、丁重にお断りしました。

女性 「すみません、娘が返らないので困っています」「娘と一緒に服を買いに来たんですが、好みが私と合わなくて、すねてるんです」
「私と一緒に帰るように声を掛けてくれませんか」
警備 「お嬢さんはいくつですか?」
女性 「中学生です」
警備 「申し訳ございません。親御さんの気持ちはよく分かりますが、お嬢さんに声を掛けることはできかねます」
「中学生のお嬢さんですかあ、どうかご理解くださいませ、申し訳ございません」

文面でもお分かりの通り、丁重に丁重にお断りした次第です。
おそらく店長さんも「その通り」とおっしゃってくれると思います。

<説明>
仮にお嬢さんが幼児や児童(小学生)だったら、声を掛けたかも知れませんね。「お譲ちゃん、お母さんが困っているよ、一緒に帰りなさいね」でもいいと思います。しかし今回の場合は中学生ですから、反発が怖いです。「何いってんだよー、なんで警備に言われにゃいかんの」な〜んて言い出すかもしれませんね。面白く言えば、言うことをきかない子供に、お母さんががすねているんですよ

警察に「民事不介入の原則」というのがありますが、親子喧嘩、親子とは言え女同士のイザコザには介入しないのが原則だと考えています。暴れているとか警備員に関わる問題がないのですから、さわらぬ神にたたりなし!

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

PでHでGETOUT!

私は帰国子女ではありませんが、意外と横文字が好きです。
発音をお伝えできないのが残念ですが、ピーでエッチでゲッタウト!
と読みます。・・・ですよねー!分かりますよね〜!

訳しますと「駐車場でカー○ッ○○で出て行け」です。
これ以上はカンベンしてください。倫理規定?に抵触しますから。

<店舗>
食品スーパー
<対象>
30代の男前と女前各1名
<車両>
ホンダの2ボックス

<状況>
深夜(亥の刻)店舗から道路を挟んだ駐車場の出来事です。
駐車場を閉めるために向かっていました。

亥の刻ですから当然真っ暗で、街灯はホンノリと灯っています。
近づくにつれて何台かクルマが見えてきた。
「今日は(無断駐車が)3台かあ」「もう閉めちゃうぜ〜」

奥のグレーのクルマには、車内に動きがあるのが見えた。
もしかして?ココからすり足忍び足になった自分がいました。

具体的には言えませんが、助手席で、男性は天井を見ていました。女性も助手席で床を見ていました。女性はひらひらのフレアスカートでした。かなり激しく・・・でした。

クルマから5メートルくらいの所で、車内の様子がハッキリと見えました。そこからマグライトでパッと車内を照らすと女性がこちらを向きました。(マグライトはホント凄いねえ) ライトをすぐに消してクルマに近づきガラスをコンコン、手で×(バツ)サインを示し、続いてゲットアウトのサインを示したものです。

お二人ともニコニコしながら上手に離れ、女性の運転で立ち去りました。

<説明>
警備員をそう長くやっていなくても、お目に掛かれることがあるようですが。少し嬉しいやらドキドキするやらで、複雑〜っ!

今回のポイントは、駐車場を閉めるから出てくれないかと伝えることに関してではありません。

@5メートル位のところで車内をしっかりみたけれど、時間にして5秒くらいと短かかったこと。(残念だけど長く見ちゃダメですね)
A照明(ライト)は照らしたけど、すぐに消したこと。
Bガラスをコンコンとしたとき、車内を覗き込まずに、手でサインをしてその場を離れたこと。

私は似たような経験が3回くらいありますが、あなたはどうですか?
車内から男が出てきて警備員を殴ったとか、新聞に載りたくないですもんね。無用なトラブルを避ける為には、ヒジョーに悔しくても、チャンスと思わずに(我慢ガマンで)上記@ABでいきましょうよ。

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

ごみがゴミを呼ぶ

<店舗>
食品スーパー
<対象>
60代男性

<概要>
店舗正面駐車場に駐車したクルマに対応した事例です。
買い物に来た男女なんですが、駐車方法に問題がありました。

<状況>
深夜、駐車場巡回中に1台のワンボックスカーが入場するのを確認した。
店舗入り口に近い正面駐車場に駐車したんですが、2台分のスペースに斜め駐車ですよ。
他に5〜6台の駐車と店内には7〜8人のお客様がいたと思います。
女は先に降りて店内に、後から降りた男にササーっと近づいてお声がけしました。

「お客さ〜ん、すみません、斜めはチョッと簡便してください」
腰を低く、丁重な対応をした積もりでしたが・・・
「なんじゃあ、うるせえ、他におらんじゃねえかあ」
と店舗へ向けて歩きながら、後方の私に怒鳴ったのです。
「どうもすいません、次からお願いします」
で引き下がった私でした。

<説明>
@決してその場で何とかしてやろうと思わないでください。
 警備員に注意を受けて「ハイ、そうですか」はありません。
 照れくさいやら何やらで、その場で駐車し直すことは絶対にないし、そこまでさせなくていいですよ。不要なトラブルは避けるべし。深夜で他車も少なくて迷惑でもないしね。
 *次回からお願いします・・・これでよし

Aごみがゴミを呼ぶ
 決して、この男をゴミと言っているのではありません。ものの例えです。
山の中の道路沿いで見かけたことがありませんか?ゴミの不法投棄!最初は何も無かった筈です。最初にゴミを捨てたヤツがいるんですよね。その後次第に増えてくるんです。
言いたいことは、最初のゴミを早く処理しましょうということなんです。
斜め駐車は次の斜め駐車を、枠外駐車を、店舗前の横付け駐車をドンドン誘発します。例えお客の少ない深夜の時間帯でもそうなんですよ。
 *お客様が安心して買い物にこれる環境を作ることが仕事です。

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
 
posted by ひろき at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

買い物カゴはダメです

<店舗>
食品スーパー
<対象>
50代男性

<概要>
商品を買い物カゴからレジ袋に入れ替えずに、カゴに入ったまま持ち帰るの発見したので声を掛けた事例。

<状況>
22時頃だったかな?非常口から駐車場へ出たところタマタマ商品が入ったままのカゴをもってクルマに近づく男性を発見した。
少し早や歩きで近づいて声を掛けました。
 「お客さ〜ん、カゴは返してくださいね〜」
チョっと間を空けて男性は「また持ってくるわ」
 「いやあ、それは勘弁してください」
と言いながら更に近づくと、
 「持ってくると言っとるやろ」
と怒鳴り、ワンボックスの後部で、カゴを倒して中身を荷台に流し込むようにして、カゴを地面に置きました。

「すみません」と言って渡してくれたのではありません、その場でカゴを放りなげたのです。私はカゴを取り戻したことで満足&納得です。

<説明>
カゴの1個で大騒ぎにもしたくないよね。常連のお客さんなら、目を瞑っていいかも?でも店長さんなら、どうしただろうか?を考えたら答えは一つ。

◎今回の対応は正解です。カゴは返してもらうべきです。

じゃあ、この男がそのままカゴごと持ち帰ろうとしたらどうするか?

カゴが1個ですよ!無論タダじゃないけれど、カゴだけ持って帰るのとは違って、お買い上げされた商品を入れている訳ですから事情が違うように感じますが、見て見ぬふりはできません。
今回のような場合も深追いしないでください。無用なトラブルになることは避けましょう。声を掛けて返却を求めた時点でオッケーです。

警察に通報するような事案でもないので、ナンバーと車種、人相・風体を控えて報告書に記載しておきましょう。加えて店長には口頭報告もしておくべきです。

もうその男はお店に来ないと思いますが、それでいいのです。
こういう常識のない輩(やから)は来なくていいのです。
店長さんはこう言うはずです・・・「あんなのは客ではないから」


*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 13:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

店長を呼べ「呼びません」

<店舗>
食品スーパー
<対象>
30歳位男性

<概要>
障害者用駐車スペースに健常者が駐車したので声を掛けたら、本人が怒って「店長を呼べ」と言い出したが、私は「店長は呼ばない」と言い返した事例

<余談>
小売業の店舗にあっては、駐車場の広さに対して何%かの「障害者用駐車スペース」を設けなければならないようです。建築基準法か何かで決められているようです。
このスペースに健常者が駐車することが多々ありますよね。

常連のお客さんが来店されました。50代のご夫婦のようですが、奥さんが運転されて、下ろした車椅子にご主人が乗られて買い物をされます。ある日、3台分のスペースが満車で、あわてて誘導したことがありました。出入り口に近いスペースで「コチラに駐車してください」と案内しました。加えて車椅子を下ろす側のスペースにカラーコンを置いて「安全な乗り降り」を確保した次第です。・・・こんな経験をしていると気合入りますよ!

<状況>
20時ころだったかな、まだまだお客さんも多い時間帯でした。駐車場は空いていたので、他に駐車するスペースが無かった訳ではありません。

しかし、障害者スペースにド〜ンと1台のクルマが入る。30前後の男1人が降りて店舗入り口に向かう。私はその男をしばし観察する。「よっしゃ〜」でその男に声を掛ける。
「すみません、健常者の方でしたら、ご遠慮くださいね」
その男は「客に何を言うのか」「買うたらすぐ出るわ」「何か文句があるんか」等々言いたい放題でごわす。
しまいには「店長を呼べ」と言い出しました。

<対応>
私は「店長を呼べ」と怒鳴って言い寄る男にこう言いました。
「店長は呼ばない」「店長を呼ぶことではない」と胸を張ってキッパリ言い切りました。
その後ブツブツ言いながら買い物をしたようです。

<ポイント>
@身障者用スペースの対応につては、店長さんによって考えがちがいます。警備する店舗ごとに店長さんと調整しておくべきでしょうね。要は声を掛けていいのかを確認しておくのです。

A私は男が降りた後、しばし観察しましたが、元気のいい兄ちゃんに見えてもケガをしていることもあるので、歩く姿を観察したのです。
不自然に見えなかったので健常者?だろうと判断しました。注意したいのは、外見では分からない内臓疾患等での障害者の方もいるので、お声掛けは丁重に丁重に、実施すべきです。
*要は「当店は障害者の方にも優しい対応をとっています」という店の方針のアピール(宣伝)なのです。


*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 14:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

いま寝てたやろ!

<店舗>
食品スーパー

<要旨>
レジから近い場所で立硝中、いやあ!お恥ずかしいのですが本当です。一瞬寝ちゃった事例。

<状況>
この「いま寝てたやろ!」とは、アルバイト従業員が私に発した言葉です。私の返した言葉は「あっバレタかあ」です。

勤務も半ばを過ぎた20時ころだったかなあ、ほんの2〜3分ほど立った時その瞬間がやってきたのです。

当日は、お客も少なくて暇でした。店内巡回も適当にやって1番レジの5メートル前方で、入り口も稼動レジも全て見える位置で立硝しました。(あ〜、そこに立たなきゃよかった)

<反省>
暇だからではないのですが、当日は少々眠かったんです。
そんな日は立硝は要注意です。

歩け歩け、眠くなったら歩け・・・が基本ですよね。

<対応>
そりゃあ人間だもの、仕事中に眠いこともあるさ!But

・冷ケースの前をゆっくり歩いてヒンヤリするとか、
・外に出て身体を冷やすとか、
・トイレに入って顔を洗うとか、
・バックヤードに入ってストレッチをするとか、

いろいろできるじゃないですか。
とにかく、一瞬でも「寝た」ときって、その前にかなり眠そうなマナコになっている時間があったと思います。

居眠り注意、眠そうなマナコ注意で不信感をもたれないようにしましょう。

健闘を祈る!!

*ストレスになったらアカン!楽しくやろうよ防犯警備!*
posted by ひろき at 22:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。