2012年04月13日

お局さんの不正を見て見ぬ振り

何を思ってか久しぶりの投稿(開始)です。
いやあ!ご無沙汰ご無沙汰!

 小さい店なら潰れてる!

私の地元で数店舗で商いをする食品スーパーがあった。
オーナーの方のご自宅は、それはそれは大きい、まるで研修センターのようです。

倒産したのか廃業なさったのかは知るところでないが、数年前に姿を消した。

私の後輩の奥さんが、ある店舗にパートタイマーで就職された。

そこでビックリしたことがあって、古株の女性従業員が、
まだ店頭に陳列していい期間(消費期限とか賞味期限とかで)にもかかわらず、その期限が近づくと回収して

「ハイっ、これあんたの分、これはあんたの、それはあんたの・・・」

と配るんだそうです。

「どうせ売れんのやからエエやん」
「どうせ回収するんやからエエやん」
「これ持って帰り〜や」だったそうです。

ほんまビックリやけど、1年もせん内に廃業?の運びとなったそうです。
決してそれが廃業の理由とは思いません。
経営のあり方なんでしょうが、そんな不正を許していたという体質も考え物です。

この話を思い出したのが、某県K市の某スーパーです。
西日本(中国・四国・九州)で展開をしているYTです。
万引きGメンも、実績を積み且つ従業員とのコミュニケーションがとれていると、従業員さんから色々と情報が入ってくるんですね。

「ちょっと**(Gメン)さん、**の**さん気をつけてな」

と不正やら何やらの情報が入ってくるんです。

さて、このO県K市の店舗ですが、冒頭の例とほぼ同じ内容なんですね。
本来なら廃棄処分すべき商品であるのに「はい、これはあんたの分よ」と配る訳なんだね。

お裾分けを貰えない従業員さんが、Gメンに情報をくれた(ちくった)訳だけど、
当該Gメンさんも、しっかりと確認していて、食品担当の責任者にお伝えしても「わかった、放っといてくれ」で何の対応もされなかった。

どうやら、取り沙汰した辞められると現場が困るからと責任者の方が漏らしたようだ。(苦しい台所事情だね)

これが、結構大手の店舗だからスルーできるんだろうけれど、ちっちゃいスーパーなら死活もんだいなんだろうな。

Gメンさんも、その後は大人しの構えだそうです。
だって、お店の幹部に嫌われたら「そこのポスト」がなくなるかもしれないからね。

まっ、正しい選択ですね。

PS
一旦退社したら、作業場に戻れないというルールがあるにも係わらず私服の従業員が、売り場からバック(ヤード)や作業場に入ってるんだよね。

Gメンさん!
従業員の顔を覚えてごらんなさい。
とってもとっても面白いドラマを発見できるかも知れないよ。

捕まえて見れば従業員なんて〜のは、ザラにあるらしいからね。

じゃあ、バイバイチャ!


元気の素:1日1回の応援ポチお願いします
 ↓  ↓  ↓


posted by ひろき at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 体験談を語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264188705

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。